豊饒なる色彩、その果てに広がる癒しの世界.

クラフトラボ、全国のクラフト作家を紹介する“ピックアップアーティスト”第5回は、札幌市北区でトールペイント作家として、講師として活動する大畑悦子(おおはた えつこ)さん.

MDAの称号獲得、数々のコンクールでの華々しい受賞歴.トールペインター憧れの存在ではあるが、実際お話をしてみると、純粋にトールペイントを楽しむ一人のペインターとしての人柄が浮き彫りに・・・.

大畑悦子さんをご紹介いたします.

 

 

実のところ、大畑さんとは面識はないが、2007年仙台で開催された弊社(アド・プランツ)主催のコンクール、杜の都のトールペイントフェスティバル(会場/せんだいメディアテーク)で、二席(一席は該当なし、実質的にはグランプリ)を取られた時から、大畑さんの名前は存じ上げていた.審査委員長の水谷真理子MDAの評は、「秋の雰囲気が実に生き生きと伝わってきて、豊かな気持ちにさせてくれる心癒される作品です.細部にまで気を配り、大切に描かれていますね.色のまとめ方や構図のうまさから、表現力の高さがよくわかります.一つひとつの基本の技術を丁寧に積み重ねて取得していき、やがてはこんな大作も描いてみたいと思わせるような、すべてのペインターに目標を与えてくれるような、トールペイントの原点を思い出させてくれる素敵な作品でした」と.審査員満場一致の受賞である.

 

コンクールから13年、今回は当コーナー、ピックアップアーティストで、作品だけではなく作品への思いなども併せてご紹介させていただきます.

秋を感じる頃 2007年杜の都のトールペイントフェスティバル2席
秋を感じる頃 2007年杜の都のトールペイントフェスティバル2席

 

制作の合間を縫って、約2時間の電話インタビュー.

お聞きしたいことは山ほどありますが、まず誰もが気になるトールペイントを始めたきっかけから・・・

 

 

大畑さん、トールペイントを始めたきっかけを教えてください.

 

トールペイントとの出会いは、息子が小学校の頃、PTAの会合での体験レッスンでした.それまでも絵は好きで、趣味で楽しんではいたのですが、これまで経験していた絵画とは全く違って、木や缶や、ありとあらゆるものに描けて、それでいて描くための方法もきちんと準備されている事がとても魅力的だなと思いました.

一気にトールペイントに魅了されていきました(笑い).またその当時はトールペイントも大ブームで、画材や素材なども今以上に入手しやすかったということも、トールペイントが身近に感じられた理由の一つかもしれませんね.

 

 

 

大畑さん、現在はMDAを取得されてトールペイント関係者の間では誰もが知る存在ですが、現在に至る経緯を少々・・・

 

アクリルは地元のカルチャースクールで3年間学び、オイルは海外の本などで独学で学びました.2001年にCDA(Certifid Decorative Artist)を取得して2003年頃から講師活動を始めました.2012年にMDA(Master Decorative Artist)を取得して現在に至っています.

 

 

 

MDAの取得はとても難しいと聞いていますが・・・

 

とても難しかったですね(笑い).本当に.でも、MDAを取得したからと言って何かが大きく変わったということもなくて、私自身、取得後のメリットを求めて頑張ったわけではないのですが、ある一つの目標を立てて、努力することが目的だったような気がします.

実際、MDAの取得はそれだけの技術が身についたということでもあるので、やはり作品制作の上ではこれまで以上の表現が可能にはなったとは思います.

 

|MEMO|

CDA・MDA共にアメリカのデコラティブペインティング協会 SDP(Society of Decorative Painters)のメンバーを対象に行なわれる技術認定制度のもとに授与される称号.CDA取得がMDA受験の条件となる.MDAはSDPが認定するデコラティブペインティングに関する技術の最高峰の称号である.

 

 

 

大畑さん、MDAの取得は勿論、“トールペイント日本展”グランプリ受賞を始めとする数々の受賞歴はペインターの憧れでもあると思うのですが・・・

 

私自身、あまり考えたことはないんですよ.コンクールの場合、制作のワクワク感がとても心地良かったですし、作品制作の原動力にもなっていたような気がします.受賞は頑張った自分へのご褒美といったところでしょうか(笑い).

 

 

大畑さんの心に残る作品を15点ほど選んでいただきました.

 

雑誌掲載用に描かれた作品、教室の生徒さんのために描かれた作品、コンクールの受賞作品など様々ではあるが、「全作品に共通しているのは、やはり、自分自身のために描いた作品なんです.こんな作品がお部屋に飾られていたら良いな・・・とか、こんな色を使ったら心が落ち着くかな・・・とか・・・」とは大畑さん.

深みのある落ち着いた色調も明るく華やかな色調も分け隔てなく大畑さんの心を反映したものであろうし、これからも行きつ戻りつしながら、ご自分の世界観を作品に作り続けていくのだろうと思う.

※クリックまたはタップで拡大画像をご覧いただけます.


 

 

大畑さん、

トールペイントを続けて良かったと思うのはどんな時ですか?

 

 

もうお気づきだと思うんですが・・・、実は私、とっても口下手で(笑い)、自分の思いを伝えるということがとっても苦手なんです(笑い).こういうインタビューなんてもっての他で、うまく乗せられてOKしてしまいましたが・・・(笑い).ずっと緊張しっぱなしでした.

でもそんな私にとって、トールペイントは、自分を表現できる唯一の手段でもあるんです.作品って自分の思いの集積で、その意味で私自身でもあるんです.

作品展などでは、お客様から作品について様々な感想をいただくことも多いのですが、そんな時はうまく言葉にできませんが、何か人と人との繋がりが実感できて、トールペイントを続けていて良かったなと思います.もしかしたら、トールペイントとの出会いがなかったら、味気ない人生だったかもしれませんし、それは誰にも分かりませんが、でもトールペイントを続けてきたことで、毎日がとても充実しているということは確かなことですね.

 

 

 大畑さん、現在の活動について教えてください.

 

これまでは道内のクラフト関連イベントに参加したり、札幌市内のカルチャーセンターで教室を開いたりしています.ここ数年トールペイントも若干下火になってきている傾向もあるので、できるだけ多くの方にトールペイントの楽しさをお伝えできればと思っています.

 

大畑さん、今後の抱負についてお聞かせください.

 

実は私、あまり抱負って持ったことがないんです(笑い).あまり欲もない方で(笑い)、ただ、これまでもそうなんですが、自分自身が満足できる作品、そして教室の生徒さんが、楽しんで描けるような作品を作り続けてゆきたいとは思ってます.

 

写真は、手づくりフェスティバル・JDPA北海道支部展 他、地元のカルチャーセンター主催のイベント、大畑さんの作品ブース等.


最後に大畑さん、トールペインターとクラフトファンの方に一言お願いします.

 

先ず、描く楽しみを味わってほしいですね.絵を描くって本当に楽しくて、一人でも出来ますし、教室のような場所で何人かでお話ししながら楽しむこともできます.その楽しさを知っていただきたいですね.私がトールペイントの魅力に惹かれたのもそんな感じだったんです.どんなものにも自由に描けて、好きなところに飾れる、このようなクラフトはトールペイントだけではないでしょうか.そして、何もないところに自分の手を動かすことで新しい可能性が生まれる、クラフトってそんなに難しいことではなくてとても自由なことなんです.

是非、楽しみながら豊かな人生を作り上げていただきたいと思います.

ご自宅で制作中の大畑悦子さん
ご自宅で制作中の大畑悦子さん

大畑さんは札幌市内2か所のカルチャーセンターでトールペイント教室を開講しています.

 

初心者から中級者~上級者の方までそれぞれのスキルに合わせた指導を行っております.皆様の描きたい作品をご提示いただければ、完成まで丁寧にご指導いたします.是非お気軽にお問い合わせください.お問い合わせはページ下部メールフォームをご利用ください.

 

ヴォーグ学園札幌校

現在募集しておりません.

詳細はヴォーグ学園札幌校HPをご覧下さい>

開講場所:札幌市中央区南2条西2丁目12-4 KPビル※カナリヤ本店 斜め向い

開講日:第2・4 金曜日

お問い合わせ:011-272-4410 (ヴォーグ学園札幌校)

札幌サンプラザ文化教室

開講場所:札幌市北区北24条西5丁目 地下鉄北24条駅 徒歩3分

開講日:第2・4 火曜日

お問い合わせ:011-774-4856 (大畑)

HPはこちら>


大畑悦子さんの最新情報はブログ、“大畑悦子の思い出ペインティング”でも公開しております.

ブログでは、最新情報の他、過去の作品、日々の出来事、生徒さんのために描かれた作品などご覧いただけます.ブログはこちら>


|大畑悦子 略歴|

  • SDP(米国) においてMDA (マスターデコラティブアーティスト) に認定.
  • SDP (Society of decorative painters) 会員.
  • (公財)日本手芸普及協会ペイント部門 認定講師.
  • 一般社団法人 日本クラフトアート協会 (JCA)トールペイント技能認定講師.
  • JDPA (日本デコラティブペインティング協会) 講師会員. 
  • 文部科学省後援 色彩検定 1級.

|受賞歴|

  • 2005年 第7回 ペイントクラフト賞 技術賞受賞.イヤーズプレートコンテスト2005 グランプリ受賞.
  • 2006年 第8回 ペイントクラフト賞ネット人気賞受賞.
  • 2006年 四季彩ペインティング誌上作品コンテスト グランプリ受賞.
  • 2007年 第1回 杜の都トールペイントフェスティバル 第2席.
  • 2007年 第9回 ペイントクラフト賞技術賞受賞.
  • 2007年 第12回 トールペインティングコンテストソレイユ大賞受賞.
  • 2013年 第1回 トールペイント日本展銀賞受賞.
  • 2014年 SDPアートコンテスト (米国)ベストインオイル受賞.
  • 2014年 トールペイント30コンテスト隆徳貿易有限公司賞受賞.
  • 2015年 第2回 トールペイント日本展グランプリ受賞.


大畑悦子さんへのご質問・お問い合わせは、下メールフォームより必要事項をご入力の上、送信してください.
クラフトラボ運営事務局で受信後、責任をもって大畑さんにお届けいたします.

メモ: * は入力必須項目です

|当サイトについて|運営会社|個人情報の保護方針|著作権について|特定商取引に関する規約|各種お問合せ|管理用ページ